初心者でも大丈夫!歌うのが楽しくなるボイストレーニング

歌に自信がなくても大丈夫!誰でも始められるボイストレーニング

良い声を出すためのエクササイズ

喉を開いてしっかり声を出す

歌の上達のためには、まず基本中の基本、地声を上手に出せるようになりましょう。
そのために必要なのは「喉を開く」ことと、「声帯を締める」ことです。
まずは、喉を開く練習をしてみましょう。

喉を開くというのは、具体的には、口の奥にある喉の空間を広げて、声を綺麗に響かせることです。
そのためには、軟口蓋(上顎の奥の部分)をあげて、喉仏を下げる必要があります。
実際には、まず口を縦に開きます。
あくびをするイメージで、口の奥を縦に広げてみてください。
これが上手くいくと、オペラ歌手のような伸びやかな声が出せるようになります。
この状態で、口をパクパクさせて「パッパッ」と発声したり、お腹に力を入れて「アー」と声を出す、といった練習によって、徐々に定着させていきましょう。
高い声を出そうとすると、ついつい喉仏が上がってしまいますので、そこを抑えて、しっかり喉を開いておくことが大切です。

声帯を閉じて力強い地声を作る

声帯とは、呼吸器官の喉仏付近のことで、呼吸する時に開き、声を出す時に閉じる部分です。
素敵な声を出すためには、この声帯を閉じる技術が必要です。
まず口を大きく開けて、声帯を閉じるように意識しながら「アー」と言ってみてください。
「エ」に近い「ア」にするのがポイントです。
この時、声帯が閉じていないと「スー」と息が漏れる感じがします。
しっかり声帯が閉じていれば、「ジーン」という感じで声帯が振動します。

上手くいかなければ、「アー」と発声しながら、突然息を切って発声を止める、というのを試してください。
この「息を切る」とき、確実に声帯が閉じているはずなので、その感覚を保って声を出すようにすると、声帯を閉じて歌うことができるようになります。

以上の「喉を開く」「声帯を閉じる」を同時に意識することで、しっかりとした地声を作ることができます。
上記の練習を積んで、魅力的な声作りをしてみてください。


この記事をシェアする