初心者でも大丈夫!歌うのが楽しくなるボイストレーニング

歌に自信がなくても大丈夫!誰でも始められるボイストレーニング

誰でも上手になれる!ボイストレーニングのススメ

友達で集まってカラオケに行くときに、「元運動部の人ってカラオケ上手だなあ」と思ったことはありませんか? 上手に歌うためには、実はバランスよく筋肉のついた体であることが非常に大切です。 まずは、歌いやすい体を作るための色々なエクササイズを紹介します。

まずは体作りから!歌いやすい体を整える

素晴らしい歌声で優雅に歌い上げるボーカリストの姿は、いくつになっても憧れるものですよね。
プロのように大きなステージで歌う機会はそうそうないかもしれませんが、カラオケなどで歌うときに、「もっと上手に歌えたら」と思うことは多々あるのではないでしょうか。

歌が得意じゃない方は、どうしても「小さい頃から楽器なんて習ってないし」「生まれつき歌のセンスがないから」と、「自分はどうせうまく歌えない」と思ってしまいがちですが、実はそれは非常にもったいないことです。
確かに「ピアノを習ってたから絶対音感がある」という方もいらっしゃるでしょうが、歌が上手な人がみんな楽器を習っていたわけでは当然ありません。
中には、「高校まで運動部で歌なんか歌ったことないけど、友達とカラオケに行くようになったら急に上達した」なんていう人もいます。

歌を上手に歌うために何よりも大切なことは、「声の出し方」です。
そしてそれは、正しい知識と地道なトレーニングによって、誰にでも習得できるものなのです。
バランスのとれた筋力トレーニング、コリをほぐすストレッチ、そして喉の使い方をマスターして発声をコントロールする訓練、これらの努力の積み重ねが、魅力的な歌声を育てます。
きちんと発声ができるようになれば、リズム感やピッチコントロールを鍛えることで、さらに表現力を高めることができます。
成長が実感できれば、練習するのがどんどん楽しくなり、ますます上達していきます。

ここでは、自分で始められる簡単なボイストレーニング方法を紹介します。
地道な努力は必ず形になりますので、ぜひ挑戦してみてください。

良い声を出すためのエクササイズ

上手な人の歌を聴くと、歌い出した瞬間に「あ、この人上手だな」って思いますよね。 音程の正確さやリズム感ももちろん大事ですが、それ以前に「声の出し方が上手」というだけで、グッと素敵に聞こえるものです。 喉の開き具合と声帯の調整によって、「魅力的な発声」を身につける方法を紹介します。

技術を身につけて表現力を高める

良い声を出せるようになったら、表現力を広げるために、さらに技術を身につけましょう。 地声では出せない高音域を、地声のような強さで出すミドルボイス(ミックスボイス)をマスターすると、歌える幅がぐっと増えます。 また、リズム感とピッチコントロールを鍛えることで完成度が高まります。